ADAM FRANK

ADAM FRANK

Category : LIFE STYLE Country : USA

LUMEN flameを使った新しい光の提案をするAdam frank

ニューヨークを拠点にアーティスト、アートディレクター、デザイナーとして活躍しブランドの商品開発者としても活動するAdam Frank(アダム フランク)。アメリカ各地で数々のアートインスタレーションを手がけるほか、ソフトウェアデザイナーとしても多くのキャリアを誇るアダム氏が自宅でも楽しめるアートディスプレイとして作り上げたのがニューヨーク発のオイルランプLUMENコレクションです。

現在キャンドルが密かなブームになっている事からも分かるように、ゆらゆらと揺れる炎の明かりには人の心を落ち着かせる作用があると昔から考えられています。
その自然な明かりが放つ温かな雰囲気に惹かれ、間接照明として炎の明かりを利用している人も多いでしょう。アダム氏は、ただのディスプレイや光を演出するだけのキャンドルではなく、何かもっと面白い要素を持ったインテリアとしてその魅力を楽しめるのではないと考えLUMENシリーズを生み出しました。

そのまま部屋に飾っておくだけでも楽しめるスタイリッシュなステンレス製のディスプレイ、そしてそこに内蔵されたオイルランプに火を灯し部屋の明かりを落とすと、優しい明かりと共にディスプレイに施されたデザインがゆっくりと壁に映し出され、いつもの自宅とはひと味違うファンタジックな雰囲気を演出します。

自然の素材で作られた鑞を用い、ナチュラルな雰囲気を醸し出すキャンドルとは異なり、あえて無機質なステンレスのデザインに炎を組み合わせたLUMENシリーズ。ゆらゆらと風に揺れる炎に合わせて自然と形を変えるシルエット、そして炎そのものが持つ優しい明るさ。
今までにない斬新なスタイルのランプが、日中とは全く違う新しい空間を作り上げます。

暗闇のなかに光る華やかさ

シルエットのレパートリーは全部で7種類。
木や鳥、鹿など自然をテーマにしたデザインがメインになっています。
クリスマスツリーを連想するのか、12月前になると松の木のデザインに人気が集中したり、海辺に住む人々はカモメの群を思わせるデザインを好んだりたりとシーズンやエリアでベストセラーに変動はあるものの、どの動向からもユーザーが商品のビジュアルだけでなく、個々のヒストリーや気持ちを重ねてアイテムをピックアップしている様子が見て取れるとアダム氏は語ります。

主にリラックスする時間帯に使用されることが多い事と、基本的には暗闇で使用するアイテムのため、ビジュアルそのものよりも純粋に目にして落ち着けるもの、自然と心にフィットするものを人々が好むのも頷けるのではないでしょうか。

シルエットのデザインにはニューヨークにあるボタニカルガーデンに植えられた盆栽をアイデアの一部として取り入れているのも特徴で、小さな鉢の中に壮大な自然の景色を作り出す芸術作品である盆栽と、アートインスタレーションを自宅で楽しめるようにと生み出されたLUMENの間にある不思議な共通点にアダム氏が気づいていたのかは、日本人として非常に気になるところです。

オイルに使用する液体燃料は無臭で煙もほぼ出ない為、安心して使用できます。
キャンドルに比べ、オイルランプは炎の大きさが変わりにくく、比較的風の影響も受けにくいので暗い環境でも安全にお使いいただけます。また、お子様にも安全に使用していただけるLEDランプタイプも展開。

静止画ではない生の炎が生み出す自然なシルエットの動きが、いままでにはなかった暗さと明るさの新しい魅力を演出してくれます。

アートとインテリアの境界線

彼はハイテクノロジーを駆使して様々なパフォーマンスを行うサンフランシスコを拠点とするカンパニー”George Coates Performance Works” でコンピューターグラフィックや3Dデジタルシステムの担当として、そのキャリアをスタートさせました。
世界ではじめて本格的にコンピューターグラフィックやデジタルシステムを活用したパフォーマンスを舞台上で繰り広げ世界を驚かせた同カンパニー。その影響は現在のブランドの作品や、彼が手がけて来た様々なインスタレーションにも垣間見えます。

他にもワールドトレードセンターで行われたプログラムのアーティスト・イン・レジデンスとして活躍したほか、ニューヨークやコロラド州デンバーなど各地でパブリックに向けた作品を披露しています。

NYのタイムズスクエアに設置されたPERFORMERは一見、道に映し出された普通のスポットライト。しかしその光の中に一歩足を踏み入れると、まるでスポットライトの周りにたくさんのオーディエンスが居るかのような賑やかな歓声が響き渡ります。ライト周りには隠されたセンサーや音響システム、カメラが設置されており、突然の歓声で通行人を驚かせる一方で、その突然のサプライズは人々を楽しませました。
他にもデンバーでは、暗くなった街の建物の壁に、ソーラーシステムで生み出したライトの力で日の出から日没までを、実際の日の出までの間、じっくり時間をかけて映し出すという作品も披露。
アートでありながらも、人々の生活に不思議ととけ込むような作風が反響を呼びました。

Adam Frankの作品はつねに彼が持ち続ける、光、インタラクティビティー、そして自然との関係性への追求心、探究心を体現しています。
それらの追求がアートインスタレーションとホームインテリアの境界線を自然と取り除いていく様子そのものが、彼の作品の持ち味を表しています。

LUMENは当初、ニューヨーク北部にある様々なジャンルのアーティストたちが独自の作品の研究のために集まるコミュニティYADDのレジデンスプログラムで行ったインタラクティブ・インスタレーションの研究の一環としてプロデュースされたものです。
風の流れが炎に触れたその瞬間に映し出された、何とも言えない柔らかな動きを描き出す影。彼はそれを見た瞬間、その試作品の持つ可能性を確信しコレクションとして展開できると感じたと言います。
その確信を胸に、商品のさらなる開発と製造環境を整える作業に翌年のほとんどを費やし商品として形にするまでに至りました。
LUMENはMoMA NYを中心に数々のショップで取り扱われ、ニューヨークタイムズ紙、ロサンゼルスタイムズ紙、Metropolis and Architectural Recordなど多くのメデイアや新聞でも取り上げられ高い評価を得ています。

adamfrank オイルランプflame_Flock_DeerShadow_Flock

ADAM FRANK

Category : LIFE STYLE Country : USA

LUMEN flameを使った新しい光の提案をするAdam frank

ニューヨークを拠点にアーティスト、アートディレクター、デザイナーとして活躍しブランドの商品開発者としても活動するAdam Frank(アダム フランク)。アメリカ各地で数々のアートインスタレーションを手がけるほか、ソフトウェアデザイナーとしても多くのキャリアを誇るアダム氏が自宅でも楽しめるアートディスプレイとして作り上げたのがニューヨーク発のオイルランプLUMENコレクションです。

現在キャンドルが密かなブームになっている事からも分かるように、ゆらゆらと揺れる炎の明かりには人の心を落ち着かせる作用があると昔から考えられています。
その自然な明かりが放つ温かな雰囲気に惹かれ、間接照明として炎の明かりを利用している人も多いでしょう。アダム氏は、ただのディスプレイや光を演出するだけのキャンドルではなく、何かもっと面白い要素を持ったインテリアとしてその魅力を楽しめるのではないと考えLUMENシリーズを生み出しました。

そのまま部屋に飾っておくだけでも楽しめるスタイリッシュなステンレス製のディスプレイ、そしてそこに内蔵されたオイルランプに火を灯し部屋の明かりを落とすと、優しい明かりと共にディスプレイに施されたデザインがゆっくりと壁に映し出され、いつもの自宅とはひと味違うファンタジックな雰囲気を演出します。

自然の素材で作られた鑞を用い、ナチュラルな雰囲気を醸し出すキャンドルとは異なり、あえて無機質なステンレスのデザインに炎を組み合わせたLUMENシリーズ。ゆらゆらと風に揺れる炎に合わせて自然と形を変えるシルエット、そして炎そのものが持つ優しい明るさ。
今までにない斬新なスタイルのランプが、日中とは全く違う新しい空間を作り上げます。

暗闇のなかに光る華やかさ

シルエットのレパートリーは全部で7種類。
木や鳥、鹿など自然をテーマにしたデザインがメインになっています。
クリスマスツリーを連想するのか、12月前になると松の木のデザインに人気が集中したり、海辺に住む人々はカモメの群を思わせるデザインを好んだりたりとシーズンやエリアでベストセラーに変動はあるものの、どの動向からもユーザーが商品のビジュアルだけでなく、個々のヒストリーや気持ちを重ねてアイテムをピックアップしている様子が見て取れるとアダム氏は語ります。

主にリラックスする時間帯に使用されることが多い事と、基本的には暗闇で使用するアイテムのため、ビジュアルそのものよりも純粋に目にして落ち着けるもの、自然と心にフィットするものを人々が好むのも頷けるのではないでしょうか。

シルエットのデザインにはニューヨークにあるボタニカルガーデンに植えられた盆栽をアイデアの一部として取り入れているのも特徴で、小さな鉢の中に壮大な自然の景色を作り出す芸術作品である盆栽と、アートインスタレーションを自宅で楽しめるようにと生み出されたLUMENの間にある不思議な共通点にアダム氏が気づいていたのかは、日本人として非常に気になるところです。

オイルに使用する液体燃料は無臭で煙もほぼ出ない為、安心して使用できます。
キャンドルに比べ、オイルランプは炎の大きさが変わりにくく、比較的風の影響も受けにくいので暗い環境でも安全にお使いいただけます。また、お子様にも安全に使用していただけるLEDランプタイプも展開。

静止画ではない生の炎が生み出す自然なシルエットの動きが、いままでにはなかった暗さと明るさの新しい魅力を演出してくれます。

アートとインテリアの境界線

彼はハイテクノロジーを駆使して様々なパフォーマンスを行うサンフランシスコを拠点とするカンパニー”George Coates Performance Works” でコンピューターグラフィックや3Dデジタルシステムの担当として、そのキャリアをスタートさせました。
世界ではじめて本格的にコンピューターグラフィックやデジタルシステムを活用したパフォーマンスを舞台上で繰り広げ世界を驚かせた同カンパニー。その影響は現在のブランドの作品や、彼が手がけて来た様々なインスタレーションにも垣間見えます。

他にもワールドトレードセンターで行われたプログラムのアーティスト・イン・レジデンスとして活躍したほか、ニューヨークやコロラド州デンバーなど各地でパブリックに向けた作品を披露しています。

NYのタイムズスクエアに設置されたPERFORMERは一見、道に映し出された普通のスポットライト。しかしその光の中に一歩足を踏み入れると、まるでスポットライトの周りにたくさんのオーディエンスが居るかのような賑やかな歓声が響き渡ります。ライト周りには隠されたセンサーや音響システム、カメラが設置されており、突然の歓声で通行人を驚かせる一方で、その突然のサプライズは人々を楽しませました。
他にもデンバーでは、暗くなった街の建物の壁に、ソーラーシステムで生み出したライトの力で日の出から日没までを、実際の日の出までの間、じっくり時間をかけて映し出すという作品も披露。
アートでありながらも、人々の生活に不思議ととけ込むような作風が反響を呼びました。

Adam Frankの作品はつねに彼が持ち続ける、光、インタラクティビティー、そして自然との関係性への追求心、探究心を体現しています。
それらの追求がアートインスタレーションとホームインテリアの境界線を自然と取り除いていく様子そのものが、彼の作品の持ち味を表しています。

LUMENは当初、ニューヨーク北部にある様々なジャンルのアーティストたちが独自の作品の研究のために集まるコミュニティYADDのレジデンスプログラムで行ったインタラクティブ・インスタレーションの研究の一環としてプロデュースされたものです。
風の流れが炎に触れたその瞬間に映し出された、何とも言えない柔らかな動きを描き出す影。彼はそれを見た瞬間、その試作品の持つ可能性を確信しコレクションとして展開できると感じたと言います。
その確信を胸に、商品のさらなる開発と製造環境を整える作業に翌年のほとんどを費やし商品として形にするまでに至りました。
LUMENはMoMA NYを中心に数々のショップで取り扱われ、ニューヨークタイムズ紙、ロサンゼルスタイムズ紙、Metropolis and Architectural Recordなど多くのメデイアや新聞でも取り上げられ高い評価を得ています。

BACK